ホーム医療関係者向け情報Coメディカル部門のご案内薬剤室主な業務
 
医療福祉相談室
連携室
 
 
薬剤室 主な業務

薬剤師は、どんな仕事をしているの? 主な薬剤師の業務
「病院の中で薬剤師は、どんな仕事をしているの??」
「患者さんと触れ合う機会ってあるの??」
  私たちは、「安全性」「有効性」「経済性」をいつも心に、 笑顔いっぱいの業務を行なっています


薬剤管理指導
患者さんに、お薬をよく知って正しくお使いいただくために、ベットサイドにお伺いして説明を行っています。

お薬の説明書やお薬手帳を活用し、患者さんと一緒に理解を深めます。

お薬をより有効に使用するため、また、有害作用を防止するために、薬歴の管理やバイタル、検査値のチェックなどを行い、薬剤管理指導記録をカルテに残して、医師・看護師など他職種と情報の共有をしています。

お薬についての疑問やお困りなことがありましたら、お気軽にお声がけください。


調  剤
処方箋に基づき、処方監査、調剤、薬剤監査を行ないます。
薬の使い方や他の薬との飲み合わせを確認(処方監査)した後に調剤を行ないます。
必要に応じて、患者さんの飲み忘れを防ぐために一包化を行ないます。調剤後に、処方箋に記載された薬と調剤された薬が合っているかチェック(薬剤監査)を行い患者さんのお手元に交付されます。


注射剤個別払出し(注射剤患者個人別セット)
注射薬も飲み薬や外用薬と同じように注射処方箋に基づき、注射箋監査、患者個人別セット、薬剤監査を行ないます。
薬の使い方や他の薬との配合変化の有無をチェック(注射箋監査)した後に個別セットを行ないます。
個別セット後に、注射箋に記載された薬とセットされた薬があっているかチェック(薬剤監査)を行い患者さんのいる病棟に払い出されます。


注射剤混注
抗癌剤などのハイリスク注射剤は、薬剤師が混合を行なっています。
*安全キャビネット導入予定。


医薬品情報管理
薬事委員会の決定事項(薬剤の採否・薬剤に関するルールなど)や薬剤に関する質疑応答・薬剤情報の提供の実例、副作用情報、薬剤に関する社会情報などを薬剤師から他の医療スタッフ、患者さんに発信しています。


医薬品管理
病院内で使用される薬剤のほとんどは、薬剤室で取り揃えています。
薬剤の購入状況、使用状況を確認し、効率よく無駄なく薬剤を使用できるよう、眼を光らせています。
 
HOMEお問合せ・ご意見|アクセスサイトマップ個人情報について採用情報関連事業所リンク
TOP▲

前橋協立病院
〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町828-1 tel:027-265-3511 fax:027-265-3629
Copyright(C) Maebashi Kyouritsu Hospital 2010 All Rights Reserved.